2009年09月12日

20世紀少年<最終章>ぼくらの旗

20世紀少年の最終章を観てきました。
1章・2章とも映画館で観ました。
「こういう大作映画は途中までおもしろいのに、
 最後の詰めが甘くてがっかりっていうパターンが多いんだよな〜」
なんて思いながら観ました。

しかし。
予想以上に良かった!
まあ予想が悪すぎたんですけどw



ともだちの正体は私が予想していた通り、どんぴしゃでした★
観てて「やっぱり〜!!」ってなりましたw
でも納得できる人物だったのでいいです。

3部作の最終章でしたが、最後まで手を抜かず、
よく作りこんでいるなと思いました。
私は原作を読んでいないのですが、
「え〜っ!?」ってならずにきっちり終わらせてくれました。
気持ちよかったです。

惜しむらくは、結局勧善懲悪で終わってしまったこと。
ともだち側の人間はほとんどケンヂ側に寝返り、
最終的にともだちはやっぱり一人ぼっちになります。
まあともだちの心の闇がそうさせると言えばそうなのでしょうが…。



観ていて印象的だった役者さんが数人います。
まずは豊川悦司。
50代の設定なのに、髭を付けている以外はほぼノーメイクw
それでもなんか納得できてしまう風格があるからすごいです。
キャラ濃すぎw
存在感ありすぎw

佐々木蔵之介は表情が常軌を逸した感じでよかったです。
かっこいい★
私の大好きな役者さんの1人です。

他によかったのは、古田新太です。
うさんくさい感じが何とも言えないw
普通にドラム叩いてましたね!
ちょっとびっくりしちゃいました。
まああれくらいは練習するのかな。

宮迫はおいしいとこを持って行きすぎだなあ。
出番は少ない割に、いい台詞持ってっちゃうんだもんなあ。
ちょっと演技がオーバーだし。
まあ嫌いじゃないですけどw

チョイ役ですごい役者さんも出てました。
高嶋政伸なんか、一瞬しか出番無いのに出てましたもんね。
すごい贅沢…!
1人で主役を張れる役者さんなのに!

神木龍之介君も出番が少ないのに、すごい存在感を放っていました。
役者だなあ…。
さすが名子役!



総合すると、まあ満足でした★
3回足を運んで観るだけの価値はあったかな、と。
楽しませて頂きました♪



応援クリックよろしくお願いします↓
ブログランキング【くつろぐ】



posted by 瀬乃 at 22:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。